ブログ

継手メーカー(専門商社)との取引を成功させる企業選定

目次

記事の説明

この記事はヨシロ機工株式会社によって作成された、配管·継手製品の購入・生産をご検討している企業様に向けて書かれた専門的な記事です。
継手メーカー、専門商社との取引を検討される際に役立つ情報になっています。
配管を製品もしくはサービスとして扱う企業様にとって、自社が必要とする優良な継手製品を生産することはとても重要なビジネスにおける過程だと思います。
また、製品によって様々な品質面での要求、またはコスト面での要求は企業によって異なりそれに応じたメーカーもしくは専門商社と取引することが必要になってきます。
そこで、各企業の特徴を理解して初めて、最適な取引を行うことができることだと思います。
この記事では企業様の状況に応じて企業選定する際の参考にしていただけるような内容となっております。
記事では、一部を必要な箇所だけ読んでいただいても、必要な情報を得られるように書いておりますので、是非目次から興味のあるところに移ってください。

要旨

継手の生産もしくは購入を目的とされる取引の場合、製品の品質に対する要求、コストに対する要求、数量に対する予想を明確にした上で、自社の最大利益を目指し取引先を選定する必要があります。
規模の大きい継手取り扱い企業が全ての面においていいわけではなく、規模の大きさにかかわらず、それぞれの企業の強みを理解して、取引をする必要があります。その上で、継手メーカー、工場、専門商社の特徴を理解し、自社に一番あった取引先を選定します。


継手製品を購入·製造したい企業のグルーピングによるメーカー·商社選定分析

以下では、まず、継手の生産·製造·調達·購入を希望したい状況に応じて、大まかなグルーピングを行い、各グループに応じた、最適な取引すべき企業の特徴をいくつかの視点(品質管理、コスト、納品期間)から、分析していきたいとお思います。
ここでは、会社の規模についての分析はせず、会社の事業内容でわけます。御社の状況はどのタイプですか?考えられる状況を大まかに分けてみました。

継手の既製品を購入、調達したい場合

継手既製品を購入、製造したい場合は、国内外の継手メーカー・工場もしくは専門商社と取引を行う必要があります。

必要な製品の量からみる選定方法

一括で少量の製品を購入

・一括で少量の定義と結論
一括で少量の注文とは、ユニオン20Aで1個から500個や、ユニオン65Aなどの大型製品で0個から100個などが目安です。
この場合だと在庫をもつ、小売対応可能な継手メーカーとの取引が向いています。

・コストの面
総合的なコスト管理の観点から見ると、在庫をもつ継手メーカーと取引をした方が賢明です。なぜなら、継手を購入する際のコストと、会社内のコストを考慮した時に、少量の継手の為に工場と直接やりとりをする人件費などが割に合わないからです。なので在庫をもち小売対応をしているメーカー、小売販売店舗、オンライン販売サービスなどで購入した方が会社全体的なコストを削減することができると言えます。

・品質の面
製品の品質管理の観点から見ても、小売販売を対応している企業が製品の品質を保証しているので、品質面でも安心できます。

・納期の面
納品期間の観点からみても、在庫を持っている会社だと最短1週間以内に納品することができます。

一括で大量の製品を購入

・一括で大量の定義と結論
一括で大量とは、ユニオン20Aで500個からや、ユニオン65Aなどの大型製品で100個からなどが目安です。
この場合だとコスト、品質・納品期間のどれを優先するかよって変わってきます。コストを優先する場合は、受注海外生産生を対応している海外生産を行うメーカー・専門商社と取引することでコストを抑えることができます。品質・納品を優先する場合には在庫を持つメーカーと取引することで品質が保証されており、納品期間も比較的短いです。

・コストの面
大量の注文をする場合、受注海外生産のメーカー・専門商社と取引を行うことでコストの大幅削減が見込めます。なぜなら在庫を持たない分、在庫管理コストとリスクがないため、コストを抑えることができます。
この場合、品質を保証できる企業をいかに選定するかが重要になってきます。具体的な方法はブログ後半に記載しています。
この場合、納品で一定の期間が必要になります。

・品質の面
品質優先の場合、在庫を持つメーカーと取引することで品質が保証されています。
この場合、海外生産と比較してコストは削減できません。

・納品の面
納品優先の場合、在庫を持つメーカーと取引することで納品期間が比較的短いです。
この場合、海外生産と比較してコストは削減できません。

定期的に少量の製品を調達

・定期的に少量の定義と結論
定期的に少量とは、一ヶ月にユニオン20Aで1個から500個や、ユニオン65Aなどの大型製品で0個から100個などが目安です。
この場合だと、総合的に見て在庫を持っているメーカーと取引、もしくはコスト削減を目指す場合は、受注海外生産できる、専門商社と取引します。

・コストの面
通常の場合、一回の注文あたり製品の数が少ないと生産コストの面から見ても、大幅なコストが見込めません。ですが、製品に長期的な需要がある場合や、大型製品の場合は海外発注生産を行うことで、コスト削減が見込めます。

・品質の面
在庫を持っているメーカーの場合品質はメーカーが保証するので問題ありません。
コスト削減をしたい場合は、受注海外生産可能なメーカー・専門商社と取引をするのですが、品質を保証できる企業をいかに選定するかが重要になってきます。具体的な方法はブログ後半に記載しています。

・納品の面
在庫を持っているメーカーの場合比較的早く納品することが可能です。
海外生産の場合は一定の納品期間が必要になります。

定期的に大量の製品を調達

・定期的に大量の定義と結論
定期的に大量とは、ユニオン20Aで500個からや、ユニオン65Aなどの大型製品で100個からなどが目安です。
定期的に大量の継手製品を購入・生産・製造・調達したい場合は、海外生産の強み一番生かす事ができます。
受注海外生産可能なメーカー・専門商社と取引をすることで大幅なコスト削減が実現でき、品質の面においても一番安定し、納品期間も解決することができます。
そこで信用できる企業をいかに選定するかが重要になってきます。具体的な方法はブログ後半に記載しています。

・コストの面
この場合は、受注海外生産可能なメーカー・専門商社と取引をすることで大幅なコスト削減が実現できます。なぜなら在庫を持たない分、在庫管理コストとリスクがないため、コストを抑えることができます。

・品質の面
この場合、理想の品質基準を確保し、それをキープする事ができます。継手製品を製造する過程において、特に海外生産で製品の欠陥がでる大きな原因は工場現場におけるその型の製作の経験不足が一つとして挙げられますが、定期的に製造を依頼する場合は、一度安定してしまえば最低限の対応で継手を調達することができます。

・納品の面
この場合、海外生産での納品は注文から1ヶ月以上かかってしまいますが、定期的に調達すれば納品の問題も解決することができます。


自社継手製品を製造・生産・調達したい場合

必要な製品の量からみる選定方法

一括で少量の製品を生産・製造・調達

・一括で少量の定義と結論
一括で少量の注文とは、20Aで1個から500個や、65Aなどの大型製品で0個から100個などが目安です。
この場合だと国内の継手メーカー・工場に生産を依頼します。

・コストの面
総合的なコスト管理の観点から見ると、国内の継手メーカー・工場に生産を依頼することでコスト抑えることができます。生産量が少ないと海外で製造した場合でも大幅なコスト削減が見込めません、なぜなら国内生産では必要のない、運送費、港費などの費用がかかってしまうからです。

・品質の面
製品の品質管理の観点から見ても、国内工場で生産する方が技術面での交流が取りやすいです。海外生産での品質コントロールは国内で生産するよりもやりにくいです。

・納期の面
納品期間の観点からみても、国内で生産する方が、海外で生産するよりも納品期間は短くなります。

一括で大量の製品を生産・製造・調達

・一括で大量の定義と結論
一括で大量とは、20Aで500個からや、65Aなどの大型製品で100個からなどが目安です。
この場合だとコスト、品質・納品期間のどれを優先するかよって変わってきます。コストを優先する場合は、受注海外生産生を対応している海外生産を行うメーカー・専門商社と取引することでコストを抑えることができます。品質・納品を優先する場合には国内の継手メーカー・工場に生産を依頼します。

・コストの面
大量の注文をする場合、受注海外生産のメーカー・専門商社と取引を行うことでコストの大幅削減が見込めます。なぜなら在庫を持たない分、在庫管理コストとリスクがないため、コストを抑えることができます。
この場合、品質を保証できる企業をいかに選定するかが重要になってきます。具体的な方法はブログ後半に記載しています。
この場合、納品で一定の期間が必要になります。

・品質の面
品質優先の場合、国内の継手メーカー・工場に生産を依頼します。こうすることで、技術面での交流が取りやすいです。
この場合、海外生産と比較してコストは削減できません。

・納品の面
納品期間の観点からみると、国内で生産する方が、海外で生産するよりも納品期間は短くなります。

定期的に少量の製品を生産・製造・調達

・定期的に少量の定義と結論
定期的に少量とは、一ヶ月に20Aで1個から500個や、65Aなどの大型製品で0個から100個などが目安です。
この場合でもコスト、品質・納品期間のどれを優先するかよって変わってきます。コストを優先する場合は、受注海外生産生を対応している海外生産を行うメーカー・専門商社と取引することでコストを抑えることができます。品質・納品を優先する場合には国内の継手メーカー・工場に生産を依頼します。

・コストの面
通常、一回の注文あたり製品の数が少ないと生産コストの面から見ても、大幅なコストが見込めません。ですが、製品に長期的な需要がある場合や、大型製品の場合は海外発注生産を行うことで、コスト削減が見込めます。

・品質の面
品質優先の場合、国内の継手メーカー・工場に生産を依頼します。こうすることで、技術面での交流が取りやすいです。
この場合、海外生産と比較してコストは削減できません。

・納品の面
納品期間の観点からみると、国内で生産する方が、海外で生産するよりも納品期間は短くなります。

定期的に大量の製品を生産・製造・調達

・定期的に大量の定義と結論
定期的に大量とは、20Aで500個からや、65Aなどの大型製品で100個からなどが目安です。
定期的に大量の製品を生産・製造・調達したい場合は、受注海外生産可能なメーカー・専門商社と取引をすることで大幅なコスト削減が実現でき、品質の面においても一番安定し、納品期間も解決することができます。
そこで信用できる企業をいかに選定するかが重要になってきます。具体的な方法はブログ後半に記載しています。

・コストの面
この場合は、受注海外生産可能なメーカー・専門商社と取引をすることで大幅なコスト削減が実現できます。なぜなら在庫を持たない分、在庫管理コストとリスクがないため、コストを抑えることができます。

・品質の面
この場合、理想の品質基準を確保し、それをキープする事ができます。継手製品を製造する過程において、特に海外生産で製品の欠陥がでる大きな原因は工場現場におけるその型の製作の経験不足が一つとして挙げられますが、定期的に製造を依頼する場合は、一度安定してしまえば最低限の対応で継手を調達することができます。

・納品の面
この場合、海外生産での納品は注文から1ヶ月以上かかってしまいますが、定期的に調達すれば納品の問題も解決することができます。


国内生産と海外生産のメリット·デメリット

近年、日本の製造業においては、国内出荷(国内向け)の伸びが小さい一方
で、海外との交易は増大しています。この要因として、製造企業が国際競争力等を高めるために製造拠点の海外進出を進展させていることと、多くの企業が拠点は海外におかず生産・製造を行い調達しているの影響しています。
そこで、継手製造業における国内生産と海外生産でもメリット・デメリットとまとめてみました。

国内生産のメリット

・納期が早い
・取引がスムーズ、生産コスト以外のコストが比較的安い
・国内生産だと製品の品質が信頼されやすい
・海外生産で問題が出た時のリスク分散
・送料が比較的安い

国内生産のデメリット

・海外生産に比べ、生産コストがかかる

海外生産のメリット

・生産コストを削減することができる
・ISO認定工場なら、品質が保証できる

海外生産のデメリット

・納品が比較的長い
・送料が比較的高い
・為替が費用に影響される


海外生産における各国の特徴

外務省のデータによると、海外に進出した日系企業の進出先として全体の43%を中国が占めています。(下にはアメリカ11%、インド6%と続きます)つまり、日本の最大のビジネスパートナーはやはり中国であり、それは継手業界でも例外ではありません。中国ではすでにインフラが整い、初期投資も終え、多くの中国企業·工場が日本企業との取引実績があり、コスト面·品質安定の面から見て多くの企業が選んでいる選択と言えます。


取引先企業の規模からみる企業選定分析

取引継手メーカーの規模·大きさからも取引先の相手として分析し選定する必要があります。継手業界での取引においての企業規模が取引にもたらす影響は他業界と同じく大きく影響します。
したがって、自社の強みを生かせるように取引メーカーを選定します。以下では資源依存理論(企業·組織の『パワー』に注目する経営理論)に基づいて分析していきます。
取引先選定時に注目すべきは、企業の絶対的な規模ではなく、取引相手としての相対的な規模です。

継手既製品を購入、調達したい場合

この場合では、取引先もしくは購入先の企業規模が及ぼす影響は大きくありません。
なぜなら、企業間のパワー関係がもたらす影響というのは、取引での契約時に規模の小さい会社(パワーがない会社)が規模の大きい会社(パワーが強い会社)に依存している場合、規模の小さい会社は取引破棄を恐れて規模の大きい会社の要求を飲まざるを得ない場合が考えられるからです。ですが継手既製品を購入する場合は、各製品の相場がある一定程度決まっており、取引時に企業間のパワーがそこまで影響し合わないからです。
ですので、取引·購入する際は自社取引目的を考え取引するだけで良いと思われます。

自社製品を国内もしくは海外で製造したい場合

自社継手製品·自社ブランド継手を国内外で生産·製造·調達したい場合は、取引企業の規模も考慮して選定を行う必要があります。
なぜなら取引の際に自社と取引先の企業としての『パワー』が違いすぎると、小さいパワーの企業が契約の際に不利な条件を飲み込まざるを得ない状況があるからです。ここでのパワーとは企業間での依存度をさします。
A社の取引先はB社しかありません。B社は10社以上の企業と取引をしています。この状況下でA社はB社との取引がなくなると会社が潰れてしまうので、何としてもB社と取引をしたいと思っています、従ってA社はB社の要求を飲まざるを得ません。
これは極端な例ですが、自社と取引先とのパワー関係を分析し理解するとこが、良い取引先を選び、いい契約を結ぶことにつながります。


継手メーカー・商社与信分析

企業与信を調べる際には、信用調査会社に調査を依頼するのが一般的な調査方法だと思います。しかし、信用調査会社に依頼すると費用がかかる、もしくは信用調査会社のデータにまだ乗っていない企業の与信を知りたい場合がでてくると思います。
ここでは、信用調査会社へ依頼以外での、企業ホームページを活用した与信分析の方法を紹介したいと思います。

企業の公式ホームページがあるかどうか

中小企業などでホームページを持たない企業も多々あります。その場合は与信分析を慎重に行う必要があります。

ホームページ内の内容が更新されているか

例えば10年前に作ったホームページの更新を行わず放置している企業と、新製品やお知らせを頻繁にホームページに反映している企業を比較した時に、企業内の状況をある程度予測することができます。
ホームページを更新するのは簡単なことではなく、一定の動力が必要になります。企業のホームページの運営には3パターンが考えられます。
一つ目のパターンとして、企業がホームページ製作会社に依頼し、費用を払い作成更新をしている場合、もしくはサイト作成は製作会社に任せ更新は指定のシステムから企業担当者が自身で行う方法。
二つ目のパターンは、自社でword pressなどサービスを使いサイト作成・運営を行なっている場合。
三つ目のパターンは、ウェブエンジニアを雇い本格的なホームページを作成、運営している場合。
どのパターンにせよ一定の予算と人材が必要となります。なのでホームページの更新がされているということは、事業で利益がしっかり出ており、信頼できる企業の要素の一つとして見ることができると思います。

ホームページ・インターネットで集客を行なっているか

ネット集客を行なっている企業は製造業では、他業界に比べ少ないため、選定する際に有効です。
ウェブ集客はホームページを更新するよりも費用と人材がかかります。ウェブ集客をするには会社内にウェブマーケター、もしくはウェブ広告担当者がいなくてはなりません。
ネット上で集客を行なっているか見分ける方法を説明します。
もし、検索エンジンで関連キーワードを入れた際に広告としてサイトが表示されている、もしくはブログなどの情報系サイトを観覧している際にサイトの片側に正方形の広告が出てくる場合は、リスティング広告やディスプレイ広告を活用しています。
そのほかの集客方法としては、SEO(サイトの検索順位をあげる)を行うために、ブログやコラムを運営することがあります。
広告運用は、ホームページ制作会社などに依頼すると目的や規模にもよりますがホームページ作成か同様かそれ以上の費用が必要になるので、広告に力を入れているということが推測できます。
広告に力を入れているということが、わかればその企業は新規顧客獲得に積極的で意欲的な企業だということが分析できます。

企業規模が拡大しているか

ホームページもしくは企業SNSで、企業活動(資本金の増資、支店・営業所の新規立ち上げなど)を公開している企業も、会社としての利益が出ている、ということが推測できます。

※ここで注意しなければならないのは、文字では極論どんな嘘もつけてしまうということです。企業を多方面から分析することが一番重要になってきます。


まとめ

本記事では自社の製品への要求をグルーピングし、取引先のタイプを分析しました。その次に、取引先の各タイプを分析しました。

具体的な価格、品質、納期については各製品、要求によって違いますので各企業と交流を取り、見積もりすることが、企業選定における第一歩とも言えると思います。


最後に

本記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆様に少しでも参考になったと思っていただければ幸いです。

最後に一言だけ、弊社の紹介をさせていただきたいです。
弊社ヨシロ機工は継手の中国製造・生産・調達を専門的に行なっております。

新製品を海外で製造・調達したい、仕入れ価格の見直しをしたい企業様!
ぜひお問い合わせください、お見積もりさせていただきます。

ヨシロ機工ホームページ: https://www.yoshirokiko.jp/