~中国調達、製造のプロフェッショナル~

ブログ

産業製品の組立工程

組立作業の重要性

製造業の発展に伴い、人々は産業製品に優れた動力性能を要求するだけでなく、より美しく、快適に、経済的に、安全になり、さまざまな複雑な状況で実際の運搬機能が向上することを望まれます。 設計と製造のプロセス管理を強化し、厳格なコスト管理の下で製品品質を継続的に改善する必要があります。 製造プロセスの最後の過程としての、組み立ての作業内容は、精度と技術に従って検査されたさまざまな部品を組み合わせることであり、完成した製品は、製造要件を満たしていることを確認するために厳格にテストされます。 製品の設計性能を反映するには、組み立てが鍵であることがわかります。優れた組み立てプロセスは、企業の生産効率とブランドの評判を向上させることができます。この過程でミスが発生すると、高品質の部品を使用したとしても、 パフォーマンス要件を満たすことができない自動車が製造される可能性があります 。


組立工程

自動車製造のプロセスは主に5つの部分に分かれています
1:プレス加工、各種ボディプレス部品の製作
2:溶接プロセス。このプロセスは、さまざまなボディスタンピングパーツを完成したボディに溶接します。
3:塗装プロセス、これはボディが錆びることを防ぎ、美しい外観になるようにします。
4:最終的な組み立てプロセス。ボディ、シャーシ、内装部品を組み立てて完成させます。
5:検査。製造および組立工程における潜在的な品質問題を発見し、不適格な製品を外します。


組立方法の分類

1、固定組立
組み立てられた基本部品は、現場で固定された組み立て作業台または固定支持フレームに取り付けられ、作業者のグループは、自動車製品の組み立て作業が完了するまで、プロセス要件に従って基本部品に組み立てられる部品を1つずつ取り付けます。主に新製品の試作に使用されます。
2、フリーフロー組立
生産サイクルに制限はなく、アセンブリオブジェクトの動きは、ほとんどが手動で駆動されるか、電動化することができます。この製造方法は主に、軽量で構造が単純な自動車製品の多くの種類の小ロットまたは大ロットの組み立てに使用されます。
3、強制連続フロー組立
アセンブリオブジェクトが1つのアセンブリステーションから次のアセンブリステーションに移動するための要件は、特定の生産時間の要件に従って、特定のタイプの搬送装置によって達成されます。アセンブリオブジェクトは、完成するまで、製造サイクルで決定された速度で1つのステーションから別のステーションに連続的に転送されます。自動車製品の量産に幅広く使用されています。
4、強制断続フロー組立
このタイプの組立機組織は、作業者が操作できるなどの特定の条件下で、組立ライン上で間隔を置いて移動し、数秒間停止します。作業者は比較的静的で、組立精度は比較的高いです。
5、モジュール式組立
大量生産された自動車の一般組立では、一部の部品をオフラインで事前に組み立てて個々の組立ユニットのさまざまなモジュールを形成し、その後自動車の一般組立を行うため、モジュール式組立とも呼ばれます。
たとえば、ドアサブアセンブリラインでドアアセンブリの組み立てを事前に完了して、ドアモジュールを形成し、エンジンとトランスミッションを組み合わせたモジュールなどをサブインストールします。次に、これらのモジュールを最終組み立てラインのボディまたはフレームに取り付けて、車の全体的な組み立てを完了します。自動車産業の発展と管理レベルの向上により、自動車組立工場では、部品やコンポーネントの供給状況に対する要求がますます高まっています。これにより、自動車部品サプライヤーがモジュール方式でモジュールを供給することが可能かつ現実的になっています。


産業チェーン管理

サプライチェーンマネジメントの問題はすべての生産業界に存在しており、自動車生産特有の問題ではありません。しかし、自動車生産の過程で、トヨタはサプライチェーンの管理にさまざまな方面で大きな革新をもたらしたということができると思います。
1つ目は、「必要な製品を必要な時に必要なだけ生産する」という「トヨタ生産方式TPS」から生まれた「ゼロ在庫」の考え方です。この注文主導型および需要主導型の生産方法は、注文処理、輸送、交渉、在庫、不適格な部品またはコンポーネントの廃棄物を含む、サプライチェーンの上流および下流におけるあらゆる形態の廃棄物を排除することができます。コスト削減という究極の目標を達成するための、納期不正確などによる無駄。
2つ目は「平準化」の概念です。つまり、注文は平準化された生産計画に変換されます。たとえば、白2台、赤4台、および黒8台の注文間隔の場合、生産計画は異なる色に従ってではなく、白1台、赤2台、および黒4台に従ってスケジュールされます。このようにして、上流および下流のサプライヤーと物流プロバイダーの仕事を平準化し、効率化することができます。



ヨシロ機工の記事をご覧いただきありがとうございます。
弊社は中国に自社工場を持つメーカー兼商社です。
お客様のご期待に添えるよう社員一同、努力してまいる所存です。

ご質問などございましたらぜひお気軽にお問合せください。

お問い合わせ:https://www.yoshirokiko.jp/contact/

HPトップ:https://www.yoshirokiko.jp/

自社工場:https://www.yoshirokiko.jp/factory/

会社情報:https://www.yoshirokiko.jp/company/